キツネの様な顔に縞々模様の長い尻尾が特徴のワオキツネザル。近畿地方ではCMでカピバラと一緒に餌を食べているシーンがあり、2匹の食べている様子が何とも言えない可愛さを出しています。そのかわいさ故か生息地のマダガスカルでは国獣に指定されています。

今回はワオキツネザルについて一体どんな生態なのか、かわいいといわれる特徴が他にあるかを、私ピッキュウがご紹介して参ります。

スポンサーリンク

ワオキツネザルとは

ワオキツネザルは霊長類キツネザル科の動物で、マダガスカルの固有種です。体長は50cm弱で体重は4kgもない程です。顔は鼻の部分が長く、キツネの様な顔にも見えます。
ワオキツネザルは手より足の方が約1,5倍長いのが特徴です。樹上生活用に進化していますが、意外にも長時間陸上生活をしています。

最大の特徴は体長よりも長いフサフサとした尾です。白と黒の模様が輪っか状になっています。ただこの尾は他のサルの様に木に巻き付けたりは出来ません。飾りにも見えませんが、昔こんなキーホルダーがありましたね。

ワオキツネザルの食性と行動

主食は果実や葉っぱ、昆虫やカメレオンなどを食べます。また土中に含まれる塩分を補給する為に土を食べる事もあります。行動は昼間で夜は木の上で寝ています。ワオキツネザルは餌を求めて1日5~6km移動することもあります。

ワオキツネザルの手首から出る分泌液

ワオキツネザルは手首から臭いのする分泌液を出します。これで仲間とのコミュニケーションを取ったり縄張りを主張する時、尾にこの臭いを付け優劣を着けます。臭いと勝ちなのでしょうか。人間だったら当然負けですね。

ワオキツネザルは女性社会

ワオキツネザルは5~30位の群れで行動しますが、群れのリーダーは強いメスです。オスは肩身の狭い?立場でしょうか、餌もメスに奪われることもあります。またメス同志の縄張り争いは凄まじく、“ジャンプファイティング”と呼ばれ子供を背負ったまま蹴り合いの争いをします。せめて子供は安全な場所に置いて欲しいものです。

ワオキツネザルはみんなでおやすみ そして日光浴

ワオキツネザルが寝る時は皆で固まって寝ています。また明け方は太陽に向かって日光浴をしています。これは寒い時期だけですが代謝が悪いのでしょう、まるでミーアキャットみたいでカワイイです。ちょっとおっさんっぽくも見えますが・・。

上野動物園のワオキツネザル

去年2頭生まれて現在14頭になった上野動物園のワオキツネザル。ここでも皆で固まって座っていたり、遊んでいたりと可愛さ満載です。何時間も見てられそうですね。

まとめ

かわいいワオキツネザルも絶滅の危機に瀕しています。原因は生息地の減少です。このかわいい個体の為にも保護が必要です。