初めまして。小さい頃から動物が大好きで、動物看護師の仕事をしているライターのyuchimamaと申します。動物看護師とは言葉の通り「動物の看護師さん」です。動物の命に関わる仕事なので、決して簡単な仕事ではありません。でもたくさんの動物たちのために働きたい方や頑張ってみたい方に、動物看護師なるためにはどうすればいいかということを、今回は自分自身の経験も含めて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

動物看護師の仕事とは?

動物看護師は、基本的に獣医師のサポートを行う仕事です。診療補助や検査、入院中の動物の看護、薬の調剤や手術補助などを行います。また受付や電話対応の雑用なども行うので、病院内の幅広い仕事内容をします。

そして獣医師と飼い主さんの橋渡しする役割もとっても重要な事です。不安を抱える飼い主さん自身、質問したいことや話しにくいことなども、動物看護師だから話せたり聞けたりすることもたくさんあります。またペットの話や雑談をすることも、飼い主さんとの信頼関係を築くために大切なことです。

なるためにはどうすればいいの?

専門学校などに通うと、動物看護師にとって必要な専門知識や技術を学ぶことができます。診察中に動物を支える保定の仕方、医療器具の使い方なども実践できるので、動物病院に就職したばかりでも、他のスタッフにとってすごく助かります。

しかし、未経験者でも動物病院で求人を募集しているところもあり、実際人手不足なところも多いです。ただ未経験者だと動物の扱い方なども分からない場合が多いので、初めのうちは掃除などの雑用ばかりすることが多いです。

資格はあるの?
動物看護師は、人間の看護師と違い国家資格ではありません。なので資格がなくても動物病院等に就職することは可能ですが、専門学校卒業者や資格を取得していることで、一定の知識や技術があるとやはり就職には有利になるケースが多いです。

現在では動物看護職の資格を統一するために、動物看護師認定統一機構というものが設立されました。これは動物看護師資格として公的資格になる第一歩だと言えます。この資格を取得すると「認定動物看護師」になることができます。

まとめ

動物看護師は体力的にも精神的にも、大変だと思います。でもたくさんの動物と触れ合えて、とってもやりがいのある仕事です。動物看護師になるために1番大切なことは、動物が好きなこと。動物に対して愛情があるなら、自然と助けたい思う心が芽生えると思います。動物にも飼い主さんにも、信頼されるような動物看護師を目指して私も頑張っていこうと思います。