初めまして。小さい頃から動物が大好きで、動物看護師の仕事をしているライターのyuchimamaと申します。皆さんはトリマーという職業はご存知ですか?一言で言うと「犬の美容師さん」です。私は動物看護師として働いていますが、トリマーの資格も持っています。なぜ資格を取ったかというと、トリミングは動物関係のどの仕事にとっても必要なことだからです。今回は動物関係で様々な職業がある中で、トリマーになるためにはどうすればいいかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

トリマーの仕事とは?

ペットサロンなどで、シャンプーやカット、爪切りや耳掃除などを行う仕事です。主に犬を中心にやることが多いです。1匹1匹の動物の特徴をきちんと把握し、飼い主さんからの様々な要望に答え、綺麗に仕上げて身だしなみも整えます。また、ペットの健康面をチェックすることも大切な仕事です。皮膚にトラブルはないか、耳の調子はどうかなど、トリミングで病気を見つけたり予防したりすることも、とても重要な事です。トリマーの大事な役割は、美容と健康を総合的にケアしていくことなのです。

なるためにはどうすればいいの?

トリマーになるためには、「専門学校、スクールに通う」「通信講座で学ぶ」「働きながら独学で学ぶ」この3つの方法があります。しかし、一般的にはまずトリマーの専門学校で学び、卒業後ペットショップやペットサロンに就職することが多いです。トリマーはやはり技術を身に付けないといけません。専門学校で基礎から勉強して、実際に動物に触れてカットの練習し、専門技術を身に付けてほしいと思います。

資格はあるの?

トリマーという職業は国家資格が存在しないので、すべて民間資格です。トリマーになるのに絶対に資格が必要というわけではありませんが、資格を持つことで就職などの時に有利に評価されることがあります。実際にトリマーの場合に無資格で採用されるケースは、少ないと思います。資格として有名なのは、ジャパンケンネルクラブ(JKC)の公認トリマーの資格で、ペットサロンなどによってはこの資格を取得条件とする場合もあるようです。本人のスキルアップにもなるので、資格を取ることをチャレンジしてみるのも良いと思います。

まとめ

最近ではペットを飼う人が増えてきています。そしてトリマーに求められる仕事の幅も広がってきています。ペットが健康に過ごすためにも、綺麗に清潔にしてあげることが、トリマーとしての役目だと思います。