アオジシ、牛鬼など、もはや妖怪の別名を持つニホンカモシカ。他にも妙な別名がありますが、意外と結構可愛い顔をしています。あの円らな瞳と小さい角、そして少しふくよかな体型はどこか愛着がありますよ。ちなみにカモシカの名前の由来ですが、漢字で書くと氈鹿(カモシカ)で、この毛が毛氈(もうせん)として使用されたそうです。また険しい山岳(かも)に住んでいることや、カモシカの味が鴨のように美味しい事などが言われています。ところで今回ご紹介するニホンカモシカは何処に住んでいるのでしょうか。また生活や行動について、私ピッキュウと見て行きましょう。

スポンサーリンク

ニホンカモシカ

偶蹄類ウシ科カモシカ属の動物でシカの仲間ではありません。体長は約80~100cm、体重約30~50kgとイノシシよりも小柄です。ニホンカモシカの角は約8~15cmで背中の方へ伸びていき、シカのように生え変わる事はありません。主食は季節によって違いますが、草や木の葉、木の実や樹皮、果実や花など食べ、人里に降りてきて農作物を食べる事もあります。また糞は決まった場所でするという習性も持っています。

生息域・行動など

生息地は中国地方を除く本州と四国、九州(大分、熊本、宮崎)の標高500~2000mの比較的標高の高い所に生息しています。活動は朝・夕が主で昼間は洞窟や木陰などで休んでいますが、夜に活動することもあります。ニホンカモシカは定住型の動物で縄張りを持っていて、目の下や蹄に匂いを出す液体を出し縄張りのしるしとしています。また通常は単独で行動しますが、オスメス一緒にいることもあります。カモシカの仲間は固有種である二ホンのカモシカの他にタイワンカモシカ、スマトラカモシカがいます。

白い二ホンカモシカ?

ニホンカモシカの体毛は生息地によって色が違います。大まかに言えば四国や九州ではこげ茶色、東北は白っぽい灰色という感じです。ですが全身真っ白のニホンカモシカも新潟、宮城、福井県で目撃されていて話題となっています。地元の方も「全身真っ白いニホンカモシカは珍しい」との事なので、皆さんも是非探しに行ってみてはいかがでしょか。何かご利益があるかもしれませんよ。

特別天然記念物のニホンカモシカ

昭和9年に学術的価値が認められ、国の天然記念物に指定さてました。しかし第2次世界大戦後食用の肉や、毛皮などの材料として密猟されて昭和30年には3000頭ほどの数になりました。そこで文化保護法の下特別天然記念物に指定され、更なる種の保存・保護が徹底されました。山形・栃木・富山・山梨・長野・三重県ではニホンカモシカを県獣と指定しており、県の象徴にする事により絶滅危惧種の保護にも繋がっています。その結果、1970年後半には約9万頭という驚異の回復を見せたのです。

まとめ

ニホンカモシカの生態や生活についてまとめてみましたが、四国や九州では絶滅の恐れがあるそうです。一方他の地域ではニホンカモシカによる食害も起きています。とは言っても特別天然記念物ですから、殺す事は勿論傷つける事も出来ないので難しい問題です。