小さな頃から飼育員になるのが夢だった筆者は、夢が叶い若かりし頃に動物園で働いていました。「飼育員ってどうやったらなれるの?」「資格がないとダメ?」などとよく聞かれることがありました。そこで今日は、動物好きなみなさんの憧れ!動物園や水族館で働くには?飼育員になるには?をテーマに動物ライタータケイヌが紹介します。

スポンサーリンク

飼育員として働くには:動物園や水族館の仕事とは?

一口に動物園や水族館の仕事と言っても、色々な分野があります。ここではおおまかにどんな仕事があるか、必要な資格があるのか?などを紹介したいと思います。

動物飼育員やショースタッフ

直接動物の飼育や世話をする飼育員、水族館のイルカショーなどで調教やショーを行うスタッフは人気の仕事です。しかし動物園や水族館には色々な動物がいますので、自分が好きな動物の担当になれるとは限りませんし、苦手な動物の担当になっても、前向きに勉強してその動物を好きになる努力が必要です。
また、動物園の場合は特に必要な資格はありませんが、水族館の場合は潜ったり、泳いだりする必要があるので、潜水士の資格が必要な場合が多いです。

専属獣医師

犬や猫の獣医師と違い、野生動物を診ることになるので幅広い知識が必要です。また採用数が非常に少ないので狭き門と言えますが、世界中に住んでいる色々な動物に関わることができるのでやりがいはとても大きいです。

売店・受付・事務などの非飼育スタッフ

「売店やレストランで販売員として働く」「入口でチケットを販売する」等の事務などの内勤の仕事なども動物に触れることはありませんが、立派な動物園・水族館のスタッフです。動物園や水族館が好きなお客さんをサポートしたい、動物のグッズや商品開発をしたい、もっと動物園や水族館を良い物にして動物が好きな人を増やしたい!など目標があると楽しく働けますね。

メンテナンススタッフ

主に水族館での採用になりますが、水槽や施設内のメンテナンスの仕事をします。
水族館は水が命!動物達が気持ちよく暮らせるように毎日夜間や早朝にメンテナンスを行ってお客さんをお迎えします。機械の操作があるので、専門知識や資格が必要な場合もあります。

飼育員として働くには:どうしたらなれるの?

実は獣医師以外は、絶対に必要な資格や学歴はありません。しかし、特に飼育スタッフやショースタッフの求人は、人気があり狭き門ですので、採用してもらう為にはできるだけ多くの知識や資格を取ってアピールできるようにしておくと良いでしょう。動物について学べる専門学校もありますが、できれば酪農・農業系の大学や、水産系の大学などで幅広い知識を得ておいた方が良いです。また動物園や水族館には公営と民営のものがあり、公営のものは大卒である事、公務員試験を受ける事、などの条件が付く場合があります。非飼育系のスタッフの場合は、アルバイトや契約社員での募集が出ることが多いので知識や資格がなくても比較的採用されやすい仕事です。

飼育員として働くには:どんな人が向いているの?

動物が好きなら誰でもなれるか?と言うと、答えはノーです。動物園や水族館は、動物と人間を繋ぐ場所であり、必ず関わってくるのが「人間」です。そして、ただ動物の飼育展示だけをすれば良いのではなく、種の保護や繁殖、絶滅の危機から救うという使命を担っています。その為、動物全体に関する知識や現状をお客さんにきちんと伝える能力を持つ事、施設の円滑な運営をする為に、スタッフ同士のコミュニケーションがしっかり取れる人であることが大切です。また体を使った仕事になるので体力が無いと辛いですし、毎日の仕事はエサや掃除など単調な仕事が続くので、コツコツとねばり強く続けられる忍耐力が必要です。

飼育員として働くには:働いていて大変なことは?

動物園や水族館で働くと言うことは、生き物を相手にする仕事ですから人間側の都合に合わせるわけにはいきません。病気になれば夜中まで看病しなくてはいけませんし、友達や恋人と遊びたくても、週末や連休は特に忙しくなるので休みは自由に取れません。また常に新しい飼育法や病気の知識を得ることが必要ですので、国内外の本や文献を読むなどの勉強を続ける必要があります。

いかがでしょうか?「動物園や水族館で働く」と言っても、色々な仕事があり、動物が好きなだけでは勤まらない仕事と言うのがわかりますが、動物が好きな人なら、やりがいはとても大きいものです。
飼育員になりたい方は是非がんばって挑戦してみてくださいね。