動物病院の支払いは高額なので、「公的保険がほしい!」と思うことがあります。
サービスが始まったばかりのペット保険に愛犬を入れようとした動物ライターのmaburutoleoです。
現在は終身で保障される保険が殆どですが、当時の保険は大型犬の場合8歳までしか保証されませんでした。当時飼っていた犬は8歳だったのですぐに諦めることに……
最近のペット保険は、扱う会社も増えて使い勝手の良い商品も増えました。
多頭飼いにも適用される保険もあるのは非常にうれしいですね。ただ、種類が増えすぎてどの商品を使えばいいのか分らなくなってしまいます。今回はペット保険の加盟を考えている方に、ペット保険の注意点とメリットを紹介したいと思います。



ペット保険のメリット

我が家の愛犬は大きなゴールデンレトリーバーでした。色々な事情があり、筆者は三番目の飼い主として彼を家族に迎え入れたのです。最初の飼い主がペット保険に加入していたおかげで、二番目の飼い主は「動物病院通いがばかりだったからペット保険は本当に助かった」としみじみ語っていたのをよく覚えています。ペット保険に入るとどのような良いことがあるのでしょうか?
まず、医療費の負担が軽くなります。病気になりたくてなる人間はいません。それはペットも同じことです。検査だけでも2,3万くらい平気でかかりますし、手術が必要となる時もあります。脳障害のある仔猫を拾って育てた時は遺伝子治療を行いました。「ちょっと高いけど25万円はかかります」と言われて、真剣に悩んだのを思い出します筆者がペット保険の大切を知ったのはまさにこの瞬間だったといえます。



保険料の負担

今は月の保険料が安い事と、いくつかの補償プランがあるので選ぶ事が出来ます。通院・入院・手術補償と幅広く、オプションも付ける事が出来るのです。人間の保険と同じように、充実した保険内容が揃っています。ペットが車いすになった時の補償も付いている保険もあり、「今のペット保険は凄いなぁ」と感心してしまいました。保険料に関しては企業によってピンからキリまであり、サービスの内容も同様です。中には「保険料は高いけど保障の内容は薄い」という商品が沢山あるので、資料を見比べてより良い商品を選ぶと良いでしょう。

ペット保険の注意点

一番の注意点は、保障の上限額でしょうか。年間の上限額で決めている場合と、同じ病名での補償上限額と回数で決めている場合とがあります。補償してくれるパーデンテージによっては、自己負担の方が保険金よりも大きい額になる事も有ります。ペットの保険会社によっては、保険金の請求されたペットが本当に病院にかった子かどうかの証明を求める所が有ります。病院での写真を付けるとか、獣医さんの証明つきで体毛を付ける決まりがある保険会社も存在します。これには訳が有り、多頭飼いなのに一匹だけ加入して他の子達の分も補償金貰う人がいるからです。ほとんどのペット保険は意外に簡単な書類で、請求出来ます。加入する時にきちんと聞いておくことをお勧めします。

ペット保険のまとめとして

ペット保険に興味があったり、今飼っている子の体が弱かったり「ちょっと不安だな」と思うことがあるならばペット保険に加入しておいたほうが良いでしょう。飼い主の負担にならない範囲での、沢山のペット保険が存在しています。ペット保険は単純に医療費の補助という側面だけでなく、飼い主とペットがこの先も穏やかに楽しく暮らせるための保障という側面もあるのです。