皆さんは猫の避妊手術をしていますか?実は猫さん達は一年中が恋の季節です。
避妊手術は、猫達にとって可哀想なことなのでしょうか。「人間の勝手な考え方だ」と言う人もいますよね。世の中は猫ブームですが、猫嫌いな人もいらっしゃいます。猫が居る事が許せないという人も当然いらっしゃいます。
何度か猫嫌いな人に巡り会った事がある、動物ライターのmaburutoleoです。
「完全室内飼いなら必要ない?」「それでも必要なのかしら」「どっちなのだろうか?」と言う声に答えて避妊手術について書きます。避妊手術の費用と、手術のメリットとデメリット比べてみました。

スポンサーリンク

避妊手術のメリット

妊娠の可能性が無くなる事

生涯にわたって妊娠の可能性が無くなり、のんびりと毎日暮らしていける楽しいネコライフを送ることが出来ます。。

卵巣や子宮の病気になる確率が減る事

乳腺ガンも同じですが、一つでも病気の確率が下がるのは嬉しい効果です。

さかりの時期の脱走の確率が少なくなる

脱走は、本当に避けたい行為です。外に出てしまうと、「捕まらないし帰ってこない」ということが有ります。帰ってきたとしても、避妊していなければ妊娠している可能性が大きいです。避妊手術が済んでいれば、こういう時も安心です。

さかりの時期の鳴き声が無くなる

猫の盛りの時は結構うるさいです。さかりの時の鳴き声が無くなるのは飼い主にっとて嬉しい事だと思います。

あっちこっちでオシッコしなくなる

さかりの頃は、やたらおしっこするのです。避妊してしまえば、さかりもなくなるのでおしっこ地獄からも解放されます。

避妊手術のデメリット

麻酔事故

これは、運と医師の腕によるところが大きいです。全くないとは言えません。

麻酔による免疫低下

免疫が低下したことで、病気になる引き金が引かれる事もあります。

肥満

代謝が悪くなるから太ります。さかりや妊娠のストレスも無くなるので食欲も増えて太ると言う人間と同じですね。

糖尿病

太るからでしょうか?実際には原因は不明だそうです。

下部尿路症候群

この病気も、なぜ病気になるのか不明だと言われています。

避妊手術の費用

動物病院やボランティアでの避妊手術は、家猫の場合はほぼ予約制で行なっています。
ボランティアでの手術は、病院で手術をするよりも費用が半額で出来る。これはかなりのメリット、でも術前術後縫合のやり方などで違ってきます。
費用としては、安い所で15,000~30,000円が相場です。一泊入院する場合も有るので、費用は各病院によって違ってきます。
各自治体によって、助成金も有りますが、ただ指定の動物病院での手術なので近くの病院とは限らないので気を付けて下さい。

まとめ

避妊手術はした方がいいです。人それぞれの考え方ですが「うちの子に限って妊娠はしない」というのはありえません。
もし、飼い猫が妊娠してしまったらどうするか一度は考えてみましょう。メリットもあるし、デメリットもあるので何が飼い主にとって、そして猫にとって一番いいのか考えてみてください。