こんにちは。犬と遊ぶのが大好きな動物ライター、まやです。
みなさんチワワと聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか。印象として、数年前話題になったCMが思い浮かぶ方もいると思います。とってもかわいいですよね。「かわいいチワワを飼ってみたい!」と思う方もいらっしゃると思いますが、いざ飼うとなると知識なしでは不安ですよね。そんな方のために今日はチワワの魅力と飼う際に注意して頂きたいことをいくつか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

チワワのこんなところが魅力!

チワワといったら「かわいい」の言葉がぴったりですが、なにがそうさせているのでしょうか。まず一番に思い浮かぶのはあの大きなくりくりした目ですね。人になにか要求したいときなどは、その目を潤ませてじっと見つめてきます。「心を鬼に!」とは思っても、諦めないチワワちゃんに根負けしてしまう方も多いのではないでしょうか。 次に、見た目も大事ですが、飼いやすさも人気の要因となっています。チワワはもともとメキシコ王宮の愛玩犬として生まれたため、かわいく、人と室内で生活しやすい犬です。
大型犬と比べて運動量は少なく、散歩も本来は毎日連れて行ってあげるのが理想ですが、それが難しいご家庭であれば2日に1回ほどでも問題は無いでしょう。
室内で遊ぶことでちいさな体には十分運動になります。

チワワとの生活で気をつけたいのは温度調節

チワワを飼う時にまず気をつけていただきたいのは温度調節です。
ちいさなチワワは温度に敏感で、病気になりやすいです。
だからと言って怖がる必要はありません。簡単なことに気をつければ大丈夫です。
先程お話したように、チワワはメキシコ原産の犬です。その為寒さには弱いです。冬は室内で暖房をかける、毛布を用意してあげる、服を着せてあげるなど対策が必要でしょう。市販のペット用の温かいマットなども非常に良いです。
チワワはマズルが比較的短い子が多く、空気を冷ましながら体に取り入れることが
上手ではありませんので、夏も様子を見ながら水をあげる、クーラーをかけるなど気にかけてあげることが大切です。温度調節に関してはかなり気を使ってあげなければならない犬種と言えるでしょう。

チワワの気をつけたい病気

チワワに多い病気の代表的なものが「膝蓋骨脱臼」です。
その名の通り膝のお皿が外れてしまうものです。ちいさい犬種によくみられます。
膝蓋骨脱臼は軽いものであれば外れて勝手に戻ることが多いですが、ひどくなると外れっぱなしになってしまうこともあります。痛がるようでひどければ手術も必要になってくるでしょう。
その為すでになっている子、なっていない子も共通していえるのは
何かを飛び越えたり、高い段差から飛び降りたりするような動作はなるべく控えてあげるということです。

まとめ

チワワはとてもかわいく飼いやすい犬種ですが、気をつけるべき点は他にもいくつかあります。しかしどの犬種にも注意すべきことは存在します。大切なのは犬も飼い主さんも楽しく暮らせるようにすることです。
犬は飼い主さんしか頼れません。家族の一員として、お互いに楽しく過ごせるように頑張っていきましょう。