え!?馬術がハイソサエティーな方々限定ですか??そんなことは断じてありません!
馬好きが高じて馬術の指導を受け、結果的に馬の鼻をくすぐるのが趣味となった脱線型ライターきよいで御座います。
さて、水道料金を基本料のみに抑えたと喜んでいる者が、どのようにして馬術の世界に入って行ったのか。今読んでくださっている貴方様が馬術の道へ進まれる先導馬になれましたらば幸いです。
また、馬術を始めると、どんな効果や素敵なことが待っているのかもお伝えして参ります。
ゆっくり、青草を食べつつお読みくださいませ。

スポンサーリンク

馬術と乗馬の違いは?

馬術とは、競技会に向け技術を磨くという意味が御座います。対し、乗馬という言葉は広義に馬の背中に乗ることを指します。
引き馬に乗ることも、砂浜や森の中などで馬を駆るのも乗馬となります。

・初期費用はどのくらい掛かるの?
ここでは、初回レッスンまでに掛かる平均的費用をお伝えして参ります。

  • 入会費 65,000円
  • 月会費 8,000円 
  • 1レッスン料金 2,500円
  • 合計額 75,500円

ここまで読み進め、「服装は?」とお気づきの方も多いのではないでしょうか?
基本であるヘルメット・ブーツに関しては、貸出しを行っている乗馬クラブが多く、乗馬ズボン・プロテクター・鞭・拍車も含め、後から揃えていきます。
馬具は、本格的に競技会に向けてのレッスンを始めるまで必要ありませんので、セールスをしてくる乗馬クラブのスタッフさんを華麗にかわしてくださいませ。

見てお分かりになるように、入会費は非常に高いですが、それを払ってしまえば月会費自体は趣味としてはいい金額なので御座います。別途レッスン料はかかるにしても、ハイソサエティな方限定という値段では御座いません。

馬術ではどんな馬に乗れるの?

日本国の馬術界に限定しますと、競走馬を引退したサラブレッドが最も高い割合を占めております。そのことから、馬房のネームプレート父名に、シンボリルドルフやマンハッタンカフェなど往年の競馬スターホースの名前を見ることも珍しくはありません。稀に競走馬時代の名前のまま馬術界に転職している馬もおりますので、なかには、偶然の再開を果たす競馬ファンの方もおられます。

馬術でアンチエイジング

馬術を継続していくと、体幹が鍛えられていきます。結果として、齢を取りにくい体作りに繋がります。
障害馬術は、動きのある中で、馬の歩幅と障害まで経路、障害の高さと幅などを把握し続ける必要があるので、空間認知能力が鍛えられます。
また、馬場馬術では、力を入れない状態で姿勢を正し、集中力を継続させることが重要となってくるので、集中力維持の力が向上します。
脳のアンチエイジングにもなるのです。
上に記させて頂いた内容はそのまま成長期の子供様にも当てはまりますので、お子様やお孫様がおられて、興味を示されるようでしたらば、心身ともに健やかにお育ちになられるように後押しなさることをお勧め致します。

馬術を通して馬もハッピーに

馬術を行うことは、人にばかり良いことをもたらすわけでは御座いません。
競馬産業の不振に伴い、生産牧場から引退馬牧場へと活路を見出している牧場が多数御座います。
共に歩んでくれたパートナーが不幸な最期を迎えることなく、穏やかに引退後の生活を楽しんでいる様子を見に行けるのは、素晴らしいことではないでしょうか。

馬術の世界は間口が広く、継続することで人のみならず馬にとっても言祝ぎが待っております。
日本国における元来の人と馬との関係に、立ち戻る時期に来ているのではないでしょうか。
ん~、この青草の馥郁たる香り、癖になりますね。