初めまして。小さい頃から動物が大好きで、動物看護師の仕事をしているライターのyuchimamaと申します。最近テレビなどでもよく見かけることがあるフレンチブルドッグ。みなさんはどんな印象がありますか?面白い顔をしているとか強くて怖そう、ブサ可愛いなど色々あると思いますが、鼻ぺちゃでユニークな顔をしていて、愛くるしい表情がたまらなく印象的だと思います。
こんなフレンチブルドッグにはどんな魅力があるのか、またかかりやすい病気や注意するところはどんなことか、まとめて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

フレンチブルドッグとは

フレンチブルドッグはフランスを原産国とする中型犬です。重心が低く筋肉質で引き締まった体つきをしています。特徴的なのは大きな耳と、何と言っても鼻ぺちゃな顔が魅力的です。
平均体高は29センチ~31.5センチ。
平均体重は9キロ~13キロ。
被毛は短く光沢があり、毛色は主に4種類あります。
尻尾は巻いたしっぽがあり、短いため他の犬種のように振ることはなく、全身を使って感情を表現します。

フレンチブルドッグの魅力

フレンチブルドッグの性格を一言でいうと、喜怒哀楽がはっきりしています。
好奇心旺盛で、楽しいことが大好きです。人や他の犬とも友好的に遊ぶことができ、家族の喜ぶ顔をみるのが好きな子が多く、やんちゃなところもあります。
また運動やボール遊びも大好きで、無駄吠えや噛み癖も少ないところが魅力的です。
鼻ぺちゃの短頭種なので比較的よくブーブー言っています。寝る時は人間みたいな大きないびきをかくので、初めて聞いた人は驚かれる人が多いです。でもいつも一緒にいるとブーブーやいびきなど、全然気にならなくなるのが不思議なところです。

かかりやすい病気や注意するところ

フレンチブルドッグは皮膚の病気になりやすく、体が痒くて後ろ足で掻いたり、足先を舐めたりすることがあります。顔のしわの間も汚れが溜まりやすいので、こまめに拭いてあげ、皮膚全体が赤くなったり脱毛がないかどうかなど、しっかり見てあげる必要があります。
また目が大きく眼球に傷がつきやすいので、注意してあげて下さい。

そして注意したいところは、体温調節が苦手なところです。フレンチブルドッグは暑さにとても弱いので、夏などの暑い日は気をつけないとゼエゼエと呼吸困難になってしまいます。室内でもエアコンなどで室温調整が必要で、散歩も涼しい時間帯に行ってあげて下さい。
もしゼエゼエと呼吸が荒くチアノーゼ(血液中の酸素が極端に不足して舌の色が青紫色になること)が出ていたら、すぐ動物病院に連れていきましょう。

もう一つ注意したいのが、肥満です。フレンチブルドッグはとても食いしん坊なので、肥満になりやすく、太りすぎると股関節疾患になってしまいます。つい多くおやつや人間の食べ物をあげてしまいがちですが、健康のため体重管理にも気をつけて下さい。

まとめ

フレンチブルドッグについて色々とお話しましたが、魅力や注意しないといけないところはご理解いただけましたか?
一見怖そうに見られる部分もありますが、外見や性格のギャップがあったり、何より愛嬌ある顔に誰とでも仲良くなれる性格がとっても魅力的ですよね。
一度出逢ってしまうと、絶対虜になってしまうフレンチブルドッグなのでした。