猫の爪とぎに何時も悩まされていたmaburutoleoです。
とにかくやたら猫は爪を砥ぐ。止めてほしいものほど彼らはやってくれます。
ダンボールでだけで爪を研いでくれたら「なんて良い子!」と思うのですが、大抵そのようにはなりません。同じように爪とぎだけで爪砥いでくれる子もめったにいません。一通りいろいろな対策を試して、やるだけやって猫を躾けるのは無理と悟りました。猫様たちは甘くないのです。しかし爪とぎし放題では家が壊れてしまいますし、中には効果のあった対策もあります。今回は私の試行錯誤の中から効果があったものをみなさんにご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

爪とぎする場所にガムテープを張る

効果ありです。爪が引っかかってべたべたするのが嫌なようです。ただ、諦めるのに時間がかかり、すぐにやめようとはせずに何度かチャレンジをしてきます。
剥がされたらまた貼ってください。これは猫達との我慢比べです。広範囲に使うというより、ピンポイントで使う為の対策です。「いつも決まった場所で爪とぎをして困っちゃう!」という方は是非ガムテープ作戦を試してみて下さい。

爪とぎ防止のシートを使う

一定の効果はありますが、猫様も粘り強くチャレンジしてきます。半年後、我慢比べを続けましたが結局猫様の勝利でした。市販の爪とぎ防止シートを使うよりはガムテープのほうが効果が見込めます。ノリの面が弱い商品もあるので、壁紙の種類によってはガムテープなどで補強する必要があります。

つるつるの壁紙にすると爪とぎができない

猫の爪とぎ防止用壁紙で表面がつるつるしている壁紙があります。効果は抜群です!壁がつるつるしているので、猫たちの爪が引っかからずに滑ってしまうのです。何度か調整していましたが、やがてあきらめていました。爪とぎ防止という意味では断トツの威力を誇りますが、欠点は結構費用がかかることです。ただ、費用分の効果は見込めるので、リーズナブルな価格とも言えるでしょう。

透明なテーブルクロスを貼ると爪とぎできない

上記のつるつるの壁紙からヒントを得て実践したものです。用意するのは、100均の透明なテーブルクロスと両面テープだけです。爪砥ぎされたくない場所に両面テープで貼りつけます。すると、つるつるの壁紙と同等の効果が得られるのです。しかも値段は10分の1。猫に爪とぎされてしまいボロボロになったところに、押し入れに引くシートを張ったところ、爪とぎをしなくなりました。100均においてあるつるつるしたものは意外と爪とぎ防止に使えるものが多いです。

まとめ

猫の爪とぎをうまくしつけるのは難しい。けれども爪とぎが出来ないようにする事は可能で、実はそれが最も効果的です。。
そうすることにより猫も徐々にあきらめていきます。アメリカでは、爪を抜いてしまう手術をするようです。
アメリカに住んでいる友人に話を聞いていると「そんなの普通のことよ」とあっけらかんに言われてしまいますが、猫にとってはどうなのでしょう。猫にとって爪とぎはストレス発散して精神を安定させる為もあるのです。
ご紹介した方法は、猫も飼い主もハッピーな解決方法だと思っています。是非、試してください。