犬種の大きさによって、小型、中型、大型と分けられますが、フレンチブルドックはどのくらいの大きさになるので
しょう。フレブルの陽気で人懐っこい性格も愛される理由ですが、独特な風貌も人気を集めているポイントであるこ
とを忘れてはいけません。あのスタイルには理想とする大きさや体型などがあるのでしょうか。今回は、フレンチブ
ルドックの体の大きさについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

フレンチブルドックの大きさ

一般的には小型犬に分類されるフレンチブルドックですが、骨格や体重などの個体差があるため、中型に入る場合も
あります。オスの体重は10kg~13㎏、メスの体重は9kg~12㎏、体高はオス30cm~31.5㎝、メス29cm~31㎝が成犬の大
きさです。ただ、これらの大きさや数値は目安であって、体格が大きいまたは小さいフレンチブルドックがいるのは当
然のことです。病的に痩せていたり、見るから肥満だったりしている場合においては、この限りではありませんが。

フレブルの適正体重

フレブルを含む多くの小型犬が、1歳前後に成犬の大きさになります。生後半年を過ぎた頃から、体重が増え体つきも
大きくなり成犬に近づき、1歳ほどで安定した体重になります。成犬の大きさになり安定した体重が、フレンチブルド
ック個々の適正体重です。これは、ひとつの指標となり、今後の健康管理の参考になります。個体によって差がありますが、概ね8kgから12kgくらいが適正体重です。

スタンダードってなに?

その犬種にとって標準的なスタイル、理想形をあらわしています。血統書を発行している団体によって基準が決められ
ており、フレンチブルドックの場合、体全体の大きさやバランスは良いか、表情やコート(被毛)光沢の状態、前肢や
後肢のバランスがとれているかなどの基準があげられます。
この中にも大きさに関係する体重の項目があり、8kg~14kgで下回ってもオーバーしてもいけません。この他にも、さま
ざまな基準が挙げられていますが、ドックショーにおけるスタンダードの審査基準です。ショーで入選がしたい方や血統
を重要視するブリーダーはこだわるべきでしょうが、家族の一員として迎える場合には、こだわる必要はないでしょう。

おわりに

今回は、フレンチブルドックの大きさについて見てきました。理想的な大きさでないからといって、それは欠点では
ありません。いろいろな性格に驚かされるように、スリムなフレブルや少しぽっちゃりタイプの存在も、面白くまた
癒されるフレブルライフを過ごせそうですね。