上野動物園の職員さんに聞いた今人気の動物たち。不動の人気を誇るジャイアントパンダ、動かない鳥ハシビロコウ、世界3大珍獣コビトカバ、飼育している動物園も少なく意外と貴重なゴリラです。その中でも特に人気急上昇のニシゴリラのハオコは、東山動物園のシャバーニの3才年上のお兄さんです。シャバーニと言えばイケメンゴリラとして一躍有名になり、写真集やDVDなども販売され、さらには名前が商標登録されてしまう程の人気ぶりです。しかし上野動物園のハオコはシャバーニよりもイケメン?との噂もあります。今回はその魅力について最近背中にレッドバック(赤い発疹)が出て困っているピッキュウが紹介します。

スポンサーリンク

ハオコのプロフィールと家族構成

 生年月日:1993年8月21日 
 体重  :210kg(2012年8月計測時)
 血液型 :B型
 出生地 :オランダ
 出身地 :タロンガ動物園(シドニー)
 家族構成:妻モモコ モモカ♀ コモモ♀
※ 妻モモコは妊娠中です。(2017年4月11日発表)
順調に行けば9月下旬から10月中旬の予定

ハオコの性格や行動

ゴリラは元々温厚な性格です。ハオコも大人しいですが、どちらかと言えば落ち着いた雰囲気に見えます。ただ餌の取り合いでは俺様的な態度を取る事も・・。ハオコは外に出ない時もあるそうです。どうしても見たい方は開園直後か飼育員さんが掃除や餌の準備をする午後2時頃が狙い目との事です。あとはハオコの気分次第です。

イケメンハオコ

シャバーニと並び称されるイケメンのハオコ。確かに他のゴリラと比較してもこの2頭は端整な顔立ちをしています。某クリニックの美形の法則で、顔の横幅5等分をハオコの写真で検証してみました。私個人の見解ですが何となく該当しているので、ハオコは美形?だと思います。ハオコの魅力で欠かせないのが大きく逞しい背中です。体重210kgの巨体ですから当然背中も大きいのですが、シルバーバックを纏った筋肉質の背中は強く、どこか哀愁漂う感じもします。ゴリラ女子が黄色い声援を送るのも頷けますね。

家族想いのイクメンハオコ

モモコの出産時にハオコは隔離されていましたが、何かを察知したのかいつもと違って落ち着かない様子でした。分娩室の外でヤキモキしているお父さんの様子でしょうか。それから無事に出産しましたが、隔離の状態は続いていました。早くモモコと赤ちゃんに会いたかったのでしょう。ハオコはドラミングをして会えない辛さや苛立ちを紛らわしていたそうです。家族を心配するが故の行動ですが、何だか胸を打たれますね。コモモが小さい時は一緒に遊び、イクメンぶりを見せていました。ただあまりモモコがコモモを触らせないようにしている事もあるそうで、ハオコも拗ねたりしているそうです。
パパ切ないですね。

おわりに

弟シャバーニに引けを取らないハオコの魅力を紹介しました。イケメン、イクメンだけでなく家族を大事にしている事が人気に繋がっていると思います。