象は世界一大きな陸上動物です。強くたくましいイメージがあり、体重2tあるカバや草原の重戦車サイですらも話にならないパワーを持っています。象が暴れて車を押しつぶしたり、ひっくり返すシーンを見るとその力の程が分かります。陸上動物ではNo.1の強さです。また仲間想いの優しい一面もあり、傷ついた仲間を倒れないように他の仲間が左右から支えて助けます。群れでは小象を囲むように大人がいて、外敵から襲われないように移動します。何とも微笑ましいですね。そんな強く優しい象、一体何種類いるのかを私ピッキュウと見て行きましょう。

スポンサーリンク

象は強くてかっこいい!|象について

ゾウは哺乳網ゾウ目(長鼻目)ゾウ科です。アジアゾウとアフリカゾウ、マルミミゾウの2属3種です。世界最大の哺乳類なので、ゾウは10時間以上食事をします。1日約150~200㎏の餌を食べ70~90ℓも水を飲みます。寿命は約70~80才生き人間と変わりません。見た目早く走れない感じがしますが、最大時速40kmと意外と速く走るのも特徴です。

アフリカ象

サバンナゾウは、アフリカゾウの亜種です。俗にアフリカゾウと呼ばれるのがこのサバンナゾウで、大きな牙と耳が特徴です。オスの体長6~7m体重は5~7tで、メスの体重2・5~3.5tです。サハラ砂漠より南のアフリカの砂漠や熱帯雨林・草原など広い地域に生息しています。

マルミミゾウはアフリカゾウの亜種です。アフリカ大陸西部~中部にかけて生息しています。以前はアフリカゾウ亜種とされていましたが、DNAの分析により別種とする説が有力となっています。外見はアフリカゾウとよく似ておりオスの体長3~4m体重は0.9~3tメスの体重2tで、稀に6トンあるオスがいるそうです。

インド象

アジアゾウの亜種で、通常アジアゾウと呼ばれるのがインドゾウです。ユーラシア大陸南部やインドネシア・スリランカに生息しています。オスの体長5~6・4m体重は4~5tです。メスの体重2~3tです。セイロンゾウはアジアゾウの亜種で、スリランカに生息しています。オスの体重は4tでメスの体重3tです。スマトラゾウはアジアゾウの亜種で、インドネシアのスマトラ島に生息しています。オスの体長5~6・4mで体重4~5tです。メスの体重2~3トンです。マレーゾウはアジアゾウ亜種で、マレー半島に生息しています。ボルネオゾウはアジアゾウの亜種で、ボルネオに生息しています。コロンビア大学で、DNA鑑定した結果アジアゾウ亜種だと判明しました。「幻のゾウ」と言われます。体長が2・5m小型のゾウです。

象は強くてかっこいい!|ゾウの祖先・マンモス・ナウマンゾウ

マンモスはゾウの直接の祖先ではありません。ゾウの類縁ではありますが、マンモス属と言う独自の総称があります。約400万年~1万年前頃までの期間生息していました。マンモスの種類によって牙が5・2m達することもあります。シベリアや北米に生息し、太く長い体毛で全身覆われた中型ケナガマンモスが有名です。ナウマンゾウは日本に生息していたゾウの1種です。ゾウ目ゾウ科に属していてアジアゾウと近縁です。約65万年~42万年前頃の期間生息していました。約2万年前頃から衰退し、1万5000年前新生代更新世後期まで生息していました。

象は強くてかっこいい!|上野動物園のゾウ

現在アジアゾウのオスでアティ1が頭、メスのウタイ、ダヤー、スーリヤの3頭です。メスのアーシャーがいましたが、繁殖の為豊橋総合動植物園にいます。最近では2016年10月初旬にメスのウタイが妊娠している事が判明しましたが、翌月の1日に流産を発表しました。同園の歴史上初の象の出産だっただけに残念な結果となりました。

象は強くてかっこいい!|上野動物園の悲しい過去

上野動物園では太平洋戦争中に猛獣処分を受け、ライオンや熊を殺処分しゾウも毒入りの餌を与えました。しかし毒入りと分かったのかこれを食べず、毒入り注射の投与を試みますが皮膚が厚いので無理でした。最終的には餌や水を与えるのを止め餓死させました。戦争中とはいえ残酷な話です。

象は強くてかっこいい!|振り返って

今回象の種類について紹介しましたが、初めて聞く名前もいたのではないでしょうか。象も色々種類がいて、その地域や環境によって大きさも違います。私としては世界最小のボルネオ象を見てみたいですね。